読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

決意することの無意味さについて

 

決意することは無意味である。

ということに最近やっと気が付いた。

 

酔って終電を逃すことが最近増えた。いや、終電にはかろうじて乗れるのだが、最寄り駅を乗り過ごし、わけのわからない駅で降ろされ、寒さと孤独に震えながらタクシーを待つことになる。

昨日もそうだった。電車を乗り過ごし、しかもさらにタクシーでも寝過ごした。おかげで料金がいつもより2000円ほど高く、さらに手元にお金がなく、コンビニでおろして再度タクシーに戻った時の、運転手の蔑むような目はしばらく忘れられそうにない。恐らく私のような人間がこの時期増えるのだろう、「どいつもこいつもいい加減にしろや」という目をしていた。

 

酩酊状態で家にたどり着き、化粧も落とさず布団に潜り込む。翌朝の目覚めは最悪だ。

顔はバリバリだし、足はむくんでパンパン、なにより気持ち悪い。煙草のニオイが服につき、着替えず寝たものだから布団まで煙草くさい。胃がもたれて吐きそうだが、嘔吐恐怖の毛があり、吐くのもままならない状態である。布団のなかでうなりながら、決意するのは何度目だろうか?「もう二度と酒なんか飲まねえ…」

そう、この決意に意味などあるのだろうか?

「5キロ痩せる」「会社にちゃんと行く」「毎月本を20冊読む」など、今までにさんざん決意してきた。だがそれらを実際、継続・実行できた記憶はほとんどない。

このブログも、当初は毎日更新するつもりだった。その時は強く決意できるのだ。その時だけは。

 

私は泳げないのだが、いつか1キロくらい軽く泳げるようになりたいと思っていた。そのうち水着を買い、プールがあるジムを契約し、通って泳げるようになろう!そう決心してからおそらく1年は経った。いざ水着を買おうと思っても、「意外と高いな…」「これで通わなかったら無駄金だし」などと考えるとなかなか購入に至らず、またジムを見学に行っても「なんか人がいっぱいいて怖いな…」「通えるかな…」などと考えてしまい、契約はしなかった。

決意や決心には意味がないかもしれないが、行動には意味がある。

つい1週間ほど前、急に思い立って仕事を休みジムの見学に行き、契約。さらにその足でスポーツ用品店に行き、水着やゴーグルなど1セット揃えた。

今日はジムに行き、40分ほど泳いでみた。泳ぐといっても、ビート板につかまりながら溺れているみたいな感じなのだが、楽しかった。もっと早くはじめればよかったと心底思った。ストレス発散にもなり、なにより大人になってから何かを一生懸命にするおとなどなかったので、新鮮であった。

決意したら即実行するのが良い。頭の中で考えていても仕方ないし、なにより百聞は一見に如かず。失敗しても死ぬわけでもなし。私はこういう考え方だったなと、思い出すことができた。

 

なので酒断ちしようと思ったが、この時期である。時期が悪い。クリスマスや忘年会シーズンが終わったら酒はやめよう。そうする。来年から本気出す。

 

自分で思うよりはるかに他人は自分に興味がない

 

前回ブログを書いてからだいぶ間が空いてしまった。

3日坊主なのである。

特に最近は、彼氏ができて1か月で別れたり、精神不安定になり仕事に行けなくなったり、終電を乗り過ごしタクシーで帰ったり、親に若かりし頃の不倫を告白されたりと忙しかった。師走とはよく言ったものである。

 

さて、私は2年ほど前から歯列矯正をしていた。歯に装置をつけてそこにワイヤーを通し固定し、そのワイヤーを少しづつ締めていくことで歯並びを整える。治療にかかる期間は、およそ1年半~2年ほど。その間はずっと歯に器具がついているので、歯磨きはしにくいし見た目もかなり気になる。おまけに、ワイヤーを調整したあとはかなり歯が痛い。ぐいぐいと締め付けられるようなきつさがあり、食べるのにも一苦労である。

 

そんな矯正もようやく終わりを告げた。正確にいえば、終わったわけではない。矯正の装置が取れたあとは、リテーナーといって、なんというか入れ歯にかなり形状が近い装置を口の中に入れておく必要がある。

歯はもとあった場所に戻ろうとする性質があるので、これでまた2年間ほど装着し、歯の筋肉だかを保定させてあげなければならない。なんでも筋肉はまるでバネのように伸縮するので、ちゃんと抑えておかないとビョーンと伸びてしまい、せっかくの歯並びもガタガタに戻ってしまうというわけである。

 

本題はここからである。

矯正の装置は、正直かなり目立つ。

喋っていて、あからさまに私の口元をジロジロと眺め続ける人も少なからずいた。まあ、毎日見慣れた私でさえギンギラギンさにウンザリすることもあるので、仕方ないといえば仕方のないことだ。

母親などは「虫歯かと思って、ぎょっとした」と非常に失礼なコメントをくれたし、まあ目立つもんな。

 

だが、このたび無事に装置を外してからの周囲の反応は想定外であった。

やはり数名は気づき、「矯正とれたんだね!」と声をかけてくれるが、

「えっ、矯正してたっけ…?」

「あーなんか、そういえばしてたね」

という人がかなり多かった。

これに私は非常に驚いた。みんな意外と人のことなんか見ていないもんなのかなと思った。いや、見てはいるのだが、そこまで興味もないという感じなのだろうか。

 

矯正中、私は非常に装置をコンプレックスに感じていた。話すときは必ず手で口元を覆い、外食すれば何かが装置に挟まっていないか不安で気が気じゃなかった。

だが、いざ外してみても、周囲の反応は全く変わらない。

自分が抱くコンプレックスは、他人から見たら大した問題じゃなかったりする。

長所と短所は表裏一体だなと思う。

とても整った容姿の人間がいる。だが、その容姿から勝手に「性格が悪い」「近寄りがたい」など思われがちだったりする。

とても太った人間がいる。だが、太った人を好きな人たちもいる。

いい加減な人間はいい加減だからこそ、悩みを相談しやすかったりする。

何がいいのかなんて、本当にわからないものだ。

 

矯正について調べていたら、こんなワードがヒットした。

歯列矯正フェチ」

もっと早く知っていたらと、思わずため息が出た。

危ないわよホームパーティ

 

anond.hatelabo.jp

 

危ないのよホームパーティ。

「タワマンでホムパします!男性ハイステです!」

あるあるですね。

 

最近よく聞くんですよね、タワマンでホームパーティ。

 

どうせ「タワマン」「ホームパーティ」「ハイステ(ハイスぺ)」「高身長」といった魅力的な単語に脊髄反射で飛びつくバカと、そういう女とヤリたいだけのサルの乱交パーティだろ、バカバカしい、と思っていたのですが、実態はどうなのか、正直興味はあったんですよね。

 

まあこの好奇心の強さが災いしてマルチにエステに勧誘されたりするんですがともかく。

 

でも実際に被害が出てるので、危ないんでしょうね、やっぱり。

まあでも、こういう「家もしくは家に準ずる場所で酒を飲み、酔わされて危ない感じになる」ピンチは学生のうちに切り抜けているのが普通じゃないんでしょうか。

 

「やばーい☆イケメン☆濡れてきちゃった☆」肉食系女子が戦闘ありきで臨むならまだしも、家ですからね。結局。

なんかお洒落な感じで誤魔化そうとしてるけど、家ですから。

貞操の危険度でいったら、ホームレスと上野恩賜公園でワイワイお花見のほうがよほど低いですからね。

 

今日桜見に行ったらほとんど散っててさみしい気持ちになりました。

 

ともかく、うまい話には必ず裏があります。

タダより高いものはないのです。

あと、話変わりますがおそ松と銀魂が終わったので死にたいです。

 

 

 

 

 

 

婚活について②

 

前回の続き

pupapo.hatenablog.com

 

 

1、タイプの人がいる場所に行かなければ意味がない

例えば私は下北沢とか原宿にいそうな「おしゃれ草食系(趣味カメラ、インスタグラム、装備品:メガネ)」が好きなんですが、行っていたのは銀座や渋谷。

呼ばれる飲み会にいるのは「ェ~~イ!飲んでる!?」系の職業(失礼なので何とは言いませんが)の方々…

いくら数をこなそう(嫌な言い方だな)とも、そこに自分の好みの男性がいなけりゃ無意味なのである。

目薬買いにIKEAに行くくらい意味ね~んである。

 

2、彼氏が欲しいのかどうかわからなくなってくる

いろいろと活動してくなかで、自然と婚活友達が増える。彼女たちと遊びに行くのはもっぱら出会いの場。

出会いの場→感想を言い合う会の流れができてくる。この感想を言い合う会が楽しいので、だんだん彼氏が欲しいんだか、感想を言い合う会に行きたいんだかわかんなくなってくる。目的と手段の逆転っていうんでしょうか。

(彼氏ができちゃったら夜遊びできないなあ)とか思いだしたらもうダメ。

 

3、外見がすべて

これはこないだ婚活友達と朝まであって出た結論である。

 

本当にこの通りで、外見がタイプじゃないと知ろうと思わない。さらに言うと外見が好みなら大体のことは許せる。

浮気性・過度の束縛・酒・DV・ギャンブル・甲斐性なし・堅気じゃない仕事・不倫、など様々なクズ特性を持つどうしようもない男性と付き合っている友達が何人かいるが、彼女達が決まっていうのが「でも私にも悪いところがあるし…」「かっこいいから…」である。

 

まあこれは極端すぎる例だが、好みの顔なら相手の言動に対する許容範囲が大幅に広がるのは間違いない。ただしこれは「とにかくイケメンならOK!」という単純な話ではない。

世の中にはEXILEみたいな男性が好きな女性もいるし、亀頭みたいな髪型をした男性が好きな女性もいるし、とにかく顔が濃いのがいい、薄いの、細い、ぽっちゃり、おじさん、ショタ、女装子、歌い手、芸人、ユーチューバー、など人の好みは千差万別なのだ。だからこそ自分が好きなタイプを知り、彼らが出没するスポットを知らなくてはならない。

枯れ専が小学校に逆ナンしに行って意味があるだろうか。

 

まあいろいろした結果、恋人は見つからず仕事も見つからないわけだが、ぶっちゃけ相席屋で面白くもない話に相槌うってるよりはDTVで弱虫ペダル見てるほうが楽しいし、合コンも疲れるし、ていうか弱虫ペダル三期はやくはじまってくれ頼む。

 

そんなこんな(?)で最近は飽きてきて、今週末の合コンとパーティーに行ったらしばらくいいかな~って感じです。

 

そういえばこないだ、相席屋で相席になった男性に「草食系の人とはどこで出会えるんでしょうか?」って聞いたらミスドとか?」って言われました。まあいそうだけど。ちなみにミスド、いま100円セールしてます。

 

ということで、草食系(っぽい)男性がどこにいるのか、ご存知の方がいらっしゃいましたら是非ともご教授お願いします。

 

あと、チコリータが文字に被らなくなる方法も知りたいですね。

 

 

 

 

 

 

婚活について①

婚活

 

こんばんは。お久しぶりです。

ブログの上のほうを編集しました。ら、なんかアイコンが文字下に入ってしまい変な感じになったがもう知らん。

私はこういうのには弱いので、中学生の時もナノが使いこなせずモバスぺで夢小説を書いてましたからね。まあそんなことはどうでもいい。

 

今日書きたいのは婚活についてだ。

 

「もう婚活しなよ!養ってもらいな!」

前職(正確にいえば前々職)のエステを辞める際に先輩たちに口々に言われたのがこれだった。

思い返せば…「プパポちゃんはまともに働くのは無理だと思うから、いい人を見つけて養ってもらいなさい」というようなことを友人知人先輩客母親に至るまで様々な人から言われ続けてきた。こんなこと言われるような女がいい人と結婚できるのか?まあやってみないことにはわからない。何事もそうだ。

 

婚活を進める先輩たちが、同時にうるさく言ってきていたのは「いいか?二次元みたいな男は現実には存在しないからな」だった。親切な彼女達の付き合いたい男ナンバーワンは三代目 j soul brothersのガンちゃんだった。

いやアニメキャラと三代目のガンちゃんは手の届かなさ的には同じだろwと思ったが余計な事を言うと業務に差し支えるので黙っていた。雄弁は銀、沈黙は金とはよくいったものである。

母親さえも「婚活しなさい」とか言って生命保険合コン(なんだそれ)のチラシとか持って来たりした。どこで見つけてきたんだ?まあ周囲がそんな感じだったので、とりあえず婚活するか~と思った。

 

街コン、婚活パーティー、合コン、相席屋、相席バー、333バー、ペアーズ

こうして羅列してみると自分でも引くくらい出会いの場に行っている。コワ!どんだけ彼氏欲しいんだよ!この性獣!って感じなんですけど、これだけ色々とやってみてわかったことがあります。

 

 

 

 

 

 

マルチ勧誘編②

マルチ 勧誘

pupapo.hatenablog.com

の続きです。

 

10分ほどして、先輩とやらが現れた。

「こんばんわ~!!お疲れ~~!!おっなになに?めっちゃカワイイじゃ~~んww」

ホントに一息でこれくらい喋った。その先輩はみたところ20代後半から30代前半。名前は仮にTとしておく。

 

なんか書くのめんどくさくなってきたから箇条書くけど、

・SとTさんはSNS(ペアーズかなんかだろ)で出会った

・仕事で悩んでたSの相談にのってくれて仲良くなった

・Tさんはとあるサークルの運営をしてる

・そのサークルで知人友人を作り人脈を広げる

・そのサークルで飲み会やイベントがあるから来てくれ

Tさんはノリが良く、話も上手く、顔もよかった。多分サークル内で役割分担がある程度は決まっていて、こういう人当たりがいい人が営業的なポジションになるのだろう。

 

まあ結論からいうとそのイベントには行った。給料日前って感じのしょぼい料理と缶チューハイが提供されていた。その場にいた人たちはみんな目がイキイキしているようで、一周まわって死んでいるようにも見えた。新興宗教ってこんな感じなのかなとか思った。ヤバイのはわかったが、元来人一倍好奇心が強い性格なので、もう少し深入りしてみようと思った。さすがに拉致監禁とか犯罪じみたことはされんでしょwwという甘い考えもあった。しかし帰宅してから急にめんどくさくなり、Sとの約束をドタキャンし、連絡も全部無視した。あんなわけわからん集会に行くなら、合コンにでも行ったほうがなんぼかマシと思った。

 

もういよいよめんどくさいのではしょりまくりますが、年が明け、私は仕事を辞め、Sを思い出し、連絡を取り、何度か会い、最終的には勧誘されました。

 

高校の共通の友達に連絡をとったら、案の定みんな勧誘されていた。「風俗やるって言ってたよ」そんな不穏な噂も聞いた。私と会った時はSはキャバクラやろっかな~と言っていた。要するにSはすでにマルチにどっぷりだった。私に連絡をとってきた去年の11月頃にはもうグループの一員として活動していたに違いない。手始めに旧友から、という感じだったんだろう。

まあもうこれは人の勝手ですかね。傍から見ていてどうであれ、本人が納得しているなら外野が口を出すのは野暮だ。っていう感じで。

まあぶっちゃけマルチや新興宗教にはまった人間の末路は悲惨なもんだとは思うが、どうにもできないよな。冷たいことを言うようだが、勧誘してきた時点で友達でもなんでもない。カモとしか思われてないのに、身を呈して助け出すほどお人よしでもない。もちろんスッキリしないが、現実はこんなもんだろう。

 

ということでマルチ勧誘おわり。

 

 

 

マルチ勧誘編①

マルチ 勧誘

 

こんばんは。

というわけでマルチ勧誘編スタート!である。

 

話は去年の11月頃に遡る。

その頃、私はエステでガンガン働いていた。先輩たちは急にキレるし、話題はもっぱらクラブと男についてであった。年内に退職できることだけを楽しみに働いていた。

その頃急に高校時代の友達から連絡があった。名前を仮にSとする。Sとは高校2、3年の時に同じクラスで、所属するグループも同じだった。卒業間近の時期などはほとんど毎日遊んでいた。Sは変わっていなかった。

私はフェイスブックツイッター(リア垢)もインスタグラムも20歳くらいの頃に消していたので、S含め高校の時の知人友人の近況など全く知らなかった。ちなみにそれらを消した理由は「どうでもいい奴の情報しか流れてこないから」である。

なので、久々に旧友から連絡がきた時、学生時代に戻ったようで嬉しかった。

「久しぶり!元気?」Sのノリは高校生の時とあまり変わっていなかった。

とりあえず今度遊ぼう!という話になった。彼女はなぜか待ち合わせ場所に渋谷を指定してきた。その時はたぶん「行きたいカフェがある」とかなんとか言われた気がする。まあ渋谷といえば若者の街だし、と特に疑問は抱かなかった。が、今にして思えばすでにこの時から勧誘は始まっている。

 

「お待たせ~」4年ぶりに会った友人は昔とあまり変わっていなかった。行きたいカフェとやらに半ば強引に連れていかれた。タイ料理のカフェだった。私はタイ料理が嫌いなので、フライドポテトを食べていた。

「最近どう?」から始まって、簡単な近況報告。Sは教育関係の仕事に就いていて、そこはなかなかのブラックのようだった。毎日終電、サービス残業、プレッシャー、終わらない仕事を持ち帰り…どうでもいいけど、こういう風にバリバリに働いてる女性はOLというより「サラリーマン」って感じがしませんか?

とにかくSは現状に不満たらたらのようだった。まあ無理もない。毎日が楽しくて楽しくて!なんて社会人、そうそういないだろ。お互い仕事の愚痴やらをおおかた言い終えたあと、Sが唐突に言った。

「プパポはさ、自分はこうなりたい!とかないの?」

私はしばし真剣に考えた。毎日乙女ロードを徘徊したい。チワワを飼いたい。家にドリンクバーが欲しい。佐藤健と付き合いたい。空を飛びたい。いや違う、Sが聞いてるのは自分が何者になりたいか、だろう。それなら高校生からの夢がある。石油王の嫁になりたい!と言いかけたが、Sの真剣なまなざしを受けて言葉を飲み込んだ。発した言葉は戻せない。よく考えてから口に出さなければならない。

「いや、私は今の自分でいいや~…」

言った瞬間にあまりにもバカ丸出し過ぎてちょっと後悔した。Sも「そ、そうか~」って何引いてんだお前が聞いたんだろうがどうにかしろやこの空気。

その後もSは「変わりたいんだよね」とか「自分らしく生きたい」とかなんかそういう自己啓発書に書いてありそうなセリフを連発していた。

本気で変わりたいのならわざわざ他人に言う必要などない。勝手に努力をすればいいだけである。経験上、「変わりたい!」とか「○○したい」とか言う奴は本気で変わりたいなんて思っちゃいない。ただ自分に酔いたいだけだ。見たところ、Sは既に酩酊状態のようだった。無論こちらは素面である。私はいろんな意味でザルなので、こういう状況になることは少なくない。さっさと解散して、TSUTAYAにでも寄って帰ろう…と思っているとSが言った。「今から先輩が来るからさ~」

Sがお世話になった先輩が今からこのカフェに来るらしかった。同席している人間に一言の断りもいれず突然他人を呼び出す神経には恐れ入る。これくらい無神経でないとマルチ商法など務まらない(?)のだろう。

とりあえずその先輩とやらが来ることになった。

 

続く